ボートレース尼崎①楽しみ方(尼崎競艇)

センタープールの愛称でおなじみのボートレース尼崎! 「センターが強いからセンタープール」だとずっと思っていましたが、最初からセンタープールという愛称が付いていたらしいです。武庫川駅と出屋敷駅の真ん中の大きな池をなぞらえて「センタープール」となったという説や、当時の偉い人が名付けたという説もあるみたいです。 水面南側には阪神電車の高架が通っていて、北側に観客スタンドがあります。スタンド…

続きを読む

ボートレース尼崎④水面の特徴

ボートレース尼崎の1コースの1着率は55.2%(R2年のデータ) 24場中13位です。 ボートレース尼崎の競争水面は、2マーク、センターポール、1マークが1直線上に並んでおり、1マークもスタンド側に振っていません。 (図はボートレース尼崎のホームページより引用) インを取った選手は、十分に余裕を持った旋回半径で1マークを回ることができます。基本的にはインが強い水面ですが、風の…

続きを読む

ボートレース鳴門①楽しみ方

なるちゃんがかわいいボートレース鳴門! 施行者は鳴門市と松茂町ほか二町競艇事業組合(松茂町・北島町・板野町による一部事務組合)です。SGの開催は草創期に現在の笹川賞競走の前身にあたる全国地区対抗競走が1度開催されたのみでしたが、初の全国発売レースとして2009年4月に競艇名人戦競走が開催されたあと、2016年4月に施設改修後の2016年7月に初めてのSGオーシャンカップ競走が開催されました…

続きを読む