ボートレース若松④水面の特徴

≪2020/4/1 追記記事書きました。≫ ボートレース若松の1コースの1着率は54.3%(R2年のデータ) 24場中16位です。 競走水面は海で、水質は海水。水面はそれほど荒れる事はないですが、洞海湾と直結しているため、冬場はやや荒れる事もあるそうです。 2004年(平成16年)5月より、「パイナップルナイター」と銘打ったナイター競走を実施しています。競艇界では群馬県の桐生競艇…

続きを読む

ボートレース若松①楽しみ方

植木通彦元選手の出身地ボートレース若松! 1952年(昭和27年)、当時の若松市によって開設され、同年11月11日に初開催が行なわれました。主催者は北九州市と中間市行橋市競艇組合。 隣接する遠賀郡芦屋町にある芦屋競艇場とは直線距離で日本一近いです。ただし、選手宿舎を共同利用していた(宿舎は芦屋町内)ため併催が不可能でした。2010年11月に若松新宿舎がピット横に完成し、若松・芦屋の同時開…

続きを読む